積水ハウスのシャーメゾンってどうなの? 不動産屋さんに行く前にチェックしておきたい、評判・辛口レビュー

賃貸物件(アパート・マンション)は、大きく分けてサブリース会社系の物件と、個人家主系の物件があります。

サブリース会社系の物件とは、大手建築会社が施工から管理業務までを行い、それぞれの会社によって特徴に違いがあります。

サブリース会社系だと、大東建託、積水ハウス不動産(積水ハウス系)、大和リビング(大和ハウス系)などが全国的に有名です。

自分に合った会社があれば、物件選びの方向性が見えてくるかもしれませんので、参考にしてみてください。

今回は、サブリース会社系大手の「積水ハウス不動産(積水ハウス系でブランド名はシャーメゾン)」についてまとめてみました。

大手ハウスメーカーで高級志向の住宅を手がける積水ハウス株式会社の完全子会社で、積水ハウス施工の賃貸物件「シャーメゾン」の賃貸業務等を行っているのが、積水ハウス不動産という会社です。
積水ハウス不動産は、積水ハウス不動産関西、積水ハウス不動産中部、積水ハウス不動産九州、積水ハウス不動産東北、積水ハウス不動産中国四国で、物件を管轄する地域により会社が異なり、契約内容等、若干異なります。
積水ハウス施工の賃貸物件「シャーメゾン」に住むということ自体がステータスと考えても良いほどのネームバリューと安心感がありますね。

スポンサーリンク

で、シャーメゾンってどうなの?

そんな積水ハウス不動産の賃貸物件「シャーメゾン」について各項目ごとに、個人的な主観で採点し5段階評価としました。★が多いほど好評価となります。

外 観 ★★★★★(2010年代以降の建物の評価)

積水ハウスらしい高級感のある外装はさすがといった感じ。中には植栽にもこだわった物件もある。戸建てのようなクオリティでデザインされており見た目も華やかな印象。思わず仲の良い人を呼びたくなる品質だ。

設 備 ★★★★☆(2010年代以降の建物の評価)

冬暖かく、夏涼しい暮らしが消費電力を抑えて実現できるゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)にも力をいれており、まだまだ数は少ないものの、入居者が太陽光発電のメリットを享受できる入居者売電タイプもあり、そのようなタイプの場合、光熱費の大幅な削減が期待できる。
設備、建具等は、さすがハウスメーカーと思えるグレードのものがついている。
窓が大きく日当たりや解放感がある。ただし他の物件からの引っ越しであれば、カーテンの大きさが足りずに買い直しが必要な場合もある。
光インターネット導入済み物件などもあるが、その様な物件であれば、インターネットの工事が不要で入居した日から光インターネットが使え、転勤族には嬉しい。
シャーメゾンの場合、古めの物件であっても、設備の改廃やリノベーションによりグレードアップしていることもあり、家賃の条件が合わなければ、築浅にこだわらず古めの物件も積極的に検討して見ても良いかも。

コスパ ★★★★☆

高級志向だけあって、初期費用、賃料設定などやはり高めの設定。これは、施工費もかかっており安い賃料では元が取れないからであろう。コスパ=コストに対してのパフォーマンスという視点で考えると良好と言える。
上記、設備の項目でも述べたが、築20年前後の古めの物件だと、賃料が比較的安い設定になっているにも関わらず、設備の改廃やリノベーションによりグレードアップしている物件もありコスパは高い。

防音性 ★★★★☆

構造は軽量鉄骨造、または重量鉄骨造など、鉄骨系がメインとなっている。
賃貸物件にありがちな騒音問題に対しても配慮しており、木造系のアパートを展開する他社と比べ少ない様子。近年「シャイド55」という高水準の防音床を採用している物件も出てきており、住環境に対してもしっかりと信頼を積み上げている。
1990年代以前の古めのアパートタイプは築が新しい物件と比較して防音性のが劣るとの声もあるようだ。

トラブル時の対応 ★★★☆☆

「安心サポート24プラス」という月額880円のプランに強制加入される代わりにトラブルの際に24時間365日受付してくれる。
積水ハウス不動産のホームページを確認したところ、サポートの内容は、カギのサポート、ガスのサポート、水回りのサポート、電気設備のサポート、ガラスのサポート、暮らしのサポートとある。24時間365日相談できる窓口があるのは安心なのは確かではあるが、月額880円を支払い、元を取れるほど利用するサービスかと考えれば微妙なため、★3つ評価とした。

スポンサーリンク

総評

メリット

  • 高級路線をすすむシャーメゾンは、不動産情報サイトを見たり、不動産屋に行って写真を見ると、感動を覚えるほどのクオリティである。
  • 設備に関しても、住む人の満足を追求した積水ハウス品質のものが付いており、快適な暮らしが期待できる。
  • 築が新しい物件は、意識高い系の入居者が好みそうな高級志向の仕様となっており、少し無理をしても入居したいと思わせる魅力がある。また、築が古い物件においては、賃料が比較的安めの設定をしていることもあるが、設備の改廃やリノベーションなどをしっかりと行っており、身の丈に合った物件を検討することができる。
  • シャーメゾンでは、入居中の家賃の支払いに応じてポイントが発行され、貯めたポイントは同じシャーメゾンへの住み替えの際等に利用でき、住み替え前の物件の退去後キャッシュバックされる仕組みとなっている。住み替えの際は何かと物入りとなることが多いので、ありがたいシステムと言える。ただしキャッシュバックのシステムにはルールがあるため、事前に不動産屋さんに確認しておいたほうが無難。
  • WEB申し込みを導入しており、不動産屋さんに出向いて申込書を書くという作業を自宅でスマホを使い完了させることもできる場合がある。不動産屋さんにもよるが、大手仲介会社の場合、対面にて行われる重要事項説明もWEBやスマホで完結できる場合があり、遠方に引っ越しの場合もわざわざ出向かなくても良いようなシステムがあり、そのような手続きを希望する場合は事前に不動産屋さんに相談することを推奨する。

デメリット

  • 高品質の賃貸住宅を売りにしていることもあり、月額賃料、初期費用ともに他の賃貸と比較して高めの設定となっている。
  • 取扱いのある不動産屋さんが限られる。
  • 人気物件の場合は、内覧せずに申し込みをする人がいるため、退去前に募集が終了する場合もある。

実際の物件選びでは、上記の項目以外に、立地、日当たり、周辺環境などの要素と合わせて総合的に判断していく必要があります。
そして、入居する人が何を重視するかにより住んだ後の満足が違いますので、自分の中で優先順位の整理をしておくと良いでしょう。

※上記内容は2021年10月時点のものです。
今後変更になる可能性もありますので、詳細は不動産屋さんに都度確認することをおすすめします。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました