高齢者は賃貸が借りられない?その理由と入居審査を通す方法に付いて解説

ある日、70歳になる私の母が、当時不動産業界で働いていた私に相談をしてきました。

「仕事を辞めて自由な身になり、余生は香川県でアパートを借りて過ごしたいので、なるべく安い物件を探して欲しい」とのことでした。
なぜ、香川県なのかというと、過去に旅行に行った際、気に入ったからだそうです。
当時、母は親が住んでいた家を相続し、一人暮らしをしていました。

できれば、スーパーやバス停が近いところがいいけどあるかしら・・・。

私は、難しい案件だと思いました。

なぜ、難しい案件だと思ったかというと、

  • 高齢者
  • 一人暮らし
  • 仕事を辞めて無職になる

これらの条件は、賃貸物件(アパート、マンション)を借りる際に、入居できない理由となり得る条件が重なっているのです。

高齢者の一人暮らしというのは、どんなに元気な人であっても、家主さんは「孤独死」を心配します。

私の母はウォーキングを日課としている元気な母ではありましたが、先のことは誰にも分からないため、「現在の健康な状態」というのをプラス査定してくれない場合が多いです。

また、仕事を辞めるというのも、家主さんは「家賃を払ってくれるのかな?」ということを心配しますので、賃貸物件の入居時に必ず行われる「入居審査」のハードルは若い会社員と比べて、高くなるといわざるを得ません。

以前は、賃貸物件入居時の入居審査は、「高齢者であっても元気であればOK」や、「連帯保証人に安定した収入があればOK」など、家主さんの裁量次第で入居できるケースもありましたが、現在、賃貸業界でスタンダードとなりがちな「保証会社」ありきの契約では、やはり入居審査のハードルは高いといえます。

しかし、実際のところ「無職になる高齢者の一人暮らし」だと、確かに入居審査でハードルは上がるものの、絶対に入居できない訳ではありません。

スポンサーリンク

無職・高齢者・一人暮らしで賃貸物件に入居するにはどうすればよいか?

まず、高齢者と一口にいっても、物件により「65歳以上は受付できません」、という物件もあれば、「70歳までなら受付できます」という物件があったり、「条件付きで年齢問わず受付可能」という物件があるなど、さまざまです。

無職・高齢者・一人暮らしで賃貸物件に入居するにはどうすればよいか? と考えていくと、さまざまな方法があり、実際に入居する人の状況によって最良の方法を選んでいく必要があります。

しかし、物件によって、それらの方法が対応している場合もあれば、対応していない場合もあり、入居の相談ができる物件なのかどうかは、不動産屋さんに聞かないと分かりませんので、まずは、不動産屋さんに行き、年齢を伝えた上で、入居ができる物件がないか相談してみることから始めるのが手っ取り早いです。

みのむし
みのむし

インターネットの不動産紹介サイトに掲載されている情報だけでは、高齢者が入居できるかどうか判断がつかないからね。

無職・高齢者・一人暮らしで賃貸物件の入居するための方法(一例)
  • 身内の名義で契約する
  • 一定の残高がある金融機関の残高証明書を提出する
  • 年金の振込通知書などの書類を提出する

これらの方法をとったとしても、入居審査が必ず通過する訳ではありませんし、これらの方法では受付してくれない物件もありますので、必ず不動産屋さんに相談しましょう。

身内の名義で契約する

「身内の名義で契約する」というのは、例えば実際に入居する人の、「子」の名義で契約する、ということです。
ただしこの場合だと、契約名義とする「子」が成人で、安定した収入のあることが前提で、かつ、契約の手続きに関しては、すべて「子」が行うことになります。
また、家賃は原則、「子」の名義の金融機関から引き落としをすることになります。(例外あり)
入居審査は、主に「子」を対象に行われますが、「実際の入居者」についても簡単な審査が行われることがあるようです。

このような「代理契約」ができない物件もあるので注意してね。

また、身内ならば誰でもよいかというと、そうでもありません。
例えば、別居する配偶者を契約者にするなどは、配偶者が仮に若くて安定した収入がある場合であっても、将来的に離婚して身内ではなくなってしまう可能性があると判断され、入居審査を通すのは難しいといえるでしょう。

一定の残高がある金融機関の残高証明書を提出する

「一定の残高がある金融機関の残高証明書を提出する」というのは、「無職だけど、しっかりと家賃を払っていけますよ」ということを示す参考資料になります。
一定の残高とはいくらか? については、入居審査を行う保証会社や管理会社、家主さん次第のため、ハッキリとした基準はありませんが、月額の家賃7ヶ月分がボーダーラインという物件もあれば、最低300万円が必要という物件もあったりで、物件によって大きな開きがあるようです。
やはり不動産屋さんに都度確認してもらうしかない、というのが実際のところでしょう。

年金の振込通知書などの書類を提出する

「年金の振込通知書などの書類を提出する」というのは、年金受給者であれば、「仕事による所得はないけど、年金があるので家賃を払っていけますよ」ということを示す参考資料になります。
ただし、家賃と年金受給額とのバランス次第では、入居審査を通してくれない場合もあります。

スポンサーリンク

まとめ

結局私の母は、一人暮らしを断念しました。

入居審査を通す方法はあったのですが、アパートに入居するために必要な高額の初期費用と、安くない月々の家賃を聞いてのことです。

元々住んでいた持ち家を処分する訳ではなかったので、年に数回旅行に行く方がずいぶん安く上がるという判断でした。

高齢者といっても通常と同じ契約方法で入居できる場合がありますので、不動産屋さんに相談してみましょう。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました