溜まりに溜まったスマホの写真データどうしてる!?私がおすすめする整理法お教えします!

きれいな部屋に住んでいると心がきれいです。
心がきれいな人は、部屋もきれいです。
心がきれいだと、気分は前向きになり、疲れにくくなり、運も良くなる気がします。

部屋がきれいな人は、パソコン、スマホの中身がきれいでないと、心がきれいとは言い切れません。
心がきれいな人は、パソコン、スマホの中身もきれいです。

パソコン、スマホのデータを整理している際に、厄介なのが写真データの整理です。
気軽に撮れる分、放っておくとすぐに何千枚単位で増えてしまいます。
一度増えてしまうと、整理をするのが億劫になってしまい、結局何も触らずさらにたまっていってしまうこともあるでしょう。

古いアルバムの写真もそうですが、整理するルールを決めておくとテキパキと写真の整理ができるようになります。
私は下記のようなルールを設け整理しています。

スポンサーリンク

①似たような写真は最良の1枚のみ残す


同じところで同じ人物や、同じ景色を何枚か撮ることも良くありますよね。
あとから見返したとき、同じような写真が何枚もでてきて、ごちゃごちゃします。
似たような写真が何枚もある場合は、一番良いと思う写真を1枚のみ残しましょう。 
但し、1枚のみ残すというのが難しい場合もあります。
例えば、ある写真はAさんが目を閉じているがBさんは良く撮れている、ある写真はAさんは良く撮れているがBさんがよそを向いているなどで、1枚に絞れない場合です。
そんな場合は、Aさんにとっての最良の写真と、Bさんにとっての最良の写真を1枚ずつ残すなども良いかと思います。

スポンサーリンク

②ピンぼけした写真、手振れした写真は問答無用で削除する


ピンぼけした写真や、手振れした写真は迷わず削除してみましょう。
削除した後に、どうしても残したいと思った写真を復活させるのもOKですが、基本削除で良いかと思います。

スポンサーリンク

③景色だけの写真は優先順位低め!要所のみ残す


有名な観光スポットの場合だと特にそうなのですが、景色だけの写真はインターネットの画像検索で、出来栄えの良い写真がいくらでもでてきます。
景色A+人物という写真と景色Aのみの写真があるとすると、景色A+人物のみ残せば良いかと思います。
景色だけの写真はインターネットの画像検索でいくらでも出てきますが、自分や友人、家族等が写った景色Aはインターネットで画像検索しても出てきません。
景色だけの写真を残す場合は、例えば登山だと頂上から見たご来光の写真だけ残したり、景色A+人物がなく、景色Aのみの写真しかない場合だと、残しておきたい写真だけ残すなど、「自分が心地よく減らせる」削除のを仕方を考えて見るのも良いかと思います。

④判断に迷う場合は写真は50年後も残したい写真か?という基準で検討してみる。


結婚式の写真を専門に撮る、某写真屋さんは、1回の結婚式で何百枚、何千枚という写真を撮影し、写真集として新郎新婦に渡しますが、その写真集は最高の瞬間を捉えたわずか数枚なのです。
しかし、その最高の数枚のみあれば、本人は当時の最高の瞬間をいつでも思い出すことができ、その場に居合わせなかった人にとっても当時の状況がシンプルに入ってくる。
そんな選び方をするのです。
写真は枚数が多ければ良いというわけでもないのです。

写真は自分の人生の轍とも言えます。
自分の轍の整理(写真の整理)をすることは、心の整理にもなります。
心の整理は、自分が今以上に成長するためには避けて通れない道のりでもあります。

また、自分の中に基準があると、撮影する際もそれと同じ基準で「残していきたい写真」を撮影するようになります。
不要な写真を撮らなくなりますので、撮る枚数も減っていくでしょう。
私は、なるべく撮影するたびに不要な写真は消していくようにしています。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました